武蔵の工房さんの投稿作品 ソーガイド治具 その2
-ようこそ ゲスト さん-
Let's enjoy DIY! 木工を楽しむ人達が集う広場

   
武蔵の工房 さんの作品

No.174 ソーガイド治具 その2      投稿日: 2017-04-08

キュン! 7   DL 65  コメント 0
お気に入り 2   無料登録して作品を評価しよう!

  • 作品について
  • 前回は必要に迫られて 即効で作ってみたのですが、切り出す長さが10本単位くらいで変更せざるを得ず 仕方なく・・・?。当て板をスライドさせるようにしました。これでより正確な長さを求めることが出来ます。1本のコーススレットで正確に必要とする長さを確保できるようになりました。
  • 作品情報
  • サイズ: 幅 400mm× 高さ 85mm× 奥行き 210mm
  • 投稿日: 2017-04-08
  • このコンテンツの再生には、FlashPlayerが動作する環境が必要です。

    Get Adobe Flash Player
  • --使用した工具--
  • 工具の登録はありません。
  •  その他の工具 

    スライドには、この方の作品を参考にもしたかった。http://woodgears.ca/gear/howto.html

 

  • 製作中の写真・手順など
  • 手順1


    ソーガイドと天板・底板は固定されています。 その中空にスライドする板を挟み込みました。
  • 手順2

    スライドする板の上下にはある程度の隙間を持たせますが・・・
  • 手順3

    スライドする板の左右にはほとんど隙間は作りません。
  • 手順4

    鋸刃の傷を基準に30mmを測ってスライド板を固定して早速カットしてみました。
  • 手順5

    当然のこと乍ら、必要な長さを簡単に取り出すことが出来ます。勿論何十個でも・・・
  • 手順6

    右下に見えるコーススレット 1本だけで位置決めをします。 コーススレットは必要に応じてどの場所にも穴あけが出来ますので、半永久的に使えるのではないかと思います。
  • 手順7

    スライド板の隙間は結構空いています。
  • 手順8

    2X4材も十分対応できます。
  • 手順9

    1X8材もなんとか切れそうですね。 ソーガイドが高い位置にあるので薄板の場合には1X4材などを宛がっておけばより確実に切れるはずです。
  • 作品へのコメント
    • ※コメントするにはログインしてください。



    • この作品へのコメントはまだありません。

     


武蔵の工房さんの その他の作品
  • ▼機関車の動輪と伝達方法
    ・武蔵の工房さん 2018-09-29図面付き

    DL 1 コメント 0 キュン! 1 お気に入り 0
  • ▼これが機関部のすべてです(...
    ・武蔵の工房さん 2018-08-31図面付き

    DL 2 コメント 0 キュン! 0 お気に入り 0
  • ▼観覧車 の ゴンドラ
    ・武蔵の工房さん 2017-09-20

    DL 0 コメント 2 キュン! 3 お気に入り 0
  • ▼ソーガイドの治具を作ったよ
    ・武蔵の工房さん 2017-03-03

    DL 0 コメント 2 キュン! 3 お気に入り 1
  • ▼総ヒノキ製の機関車C622
    ・武蔵の工房さん 2016-11-03

    DL 0 コメント 0 キュン! 3 お気に入り 2
  • ▼アンティーク植木鉢
    ・武蔵の工房さん 2016-11-01図面付き

    DL 4 コメント 0 キュン! 2 お気に入り 0
  • ▼秘密の小箱
    ・武蔵の工房さん 2016-08-22図面付き

    DL 23 コメント 2 キュン! 2 お気に入り 0
  • ▼アルミの缶をぺっちゃんこ
    ・武蔵の工房さん 2016-08-01図面付き

    DL 20 コメント 2 キュン! 3 お気に入り 0
  • ▼どこでもパソコン机
    ・武蔵の工房さん 2016-07-19図面付き

    DL 14 コメント 5 キュン! 3 お気に入り 0