-ようこそ ゲスト さん-
 Let's enjoy DIY! 
木工を楽しむ人たちが集う広場

木工作品集

図面のダウンロード方法 
 ○ 風呂場用腰掛け W 301×H 250×D 230
 
  • 画 像
  • 立体図回転
  • 組立順序
風呂場用腰掛け 立体図
 
 四方転びの腰掛です。腰掛の脚が前後左右に斜めになっているものを「四方転び」といいます。
 水がかかるところで使用するので、接着剤は「シリル化ウレタン樹脂系無溶剤形接着剤(コニシ ウルトラ多用途S・U)」等を使用し、接着面全体に接着剤を付けてください。また、木ネジはステンレスの木ネジを使用してください。
 材料はSPF材を使用しているので、組み立てが完成してから防水のため全体を塗装します。
 
風呂場用腰掛け
 
風呂場用腰掛け
 

Either scripts and active content are not permitted to run or Adobe Flash Player version 11.1.0 or greater is not installed.

Get Adobe Flash Player

1.脚
 部材を写真の様に組み合わせ接着します。同じものを2つ作ります。

  組立順序 1-1

1-1

     

 [1-1]2つの間に3つの部材を挟み接着剤で固定します。
 写真のようなジグで挟んだり、大きい輪ゴムとクランプで接着剤が固まるまで固定するとよい。
 接着剤が固まれば、下穴をあけ木ネジで固定します。その後木ネジの上に埋木を打ち込み、はみ出た部分を「ライフソークラフト145」で切断します。

  組立順序 1-2

1-2

     

2.座面と脚の切断
 平らな台に脚を乗せます。 トースカンで座面を載せる部分を線を引きます。
 トースカンがない場合は、適当な高さの木片に鉛筆の先が線を引く位置になるように合わせ固定します。

  組立順序 1-3

2-1

     
  脚を倒し切断線がほぼ垂直になるように作業台と脚の間に木片を入れ、クランプで固定します。
 線に沿ってノコギリで切断します。
切断面が平らになるようにサンドペーパーで削ります。
  組立順序 2-2

2-2

     
 切断した面を下にして置き、トースカンで脚が接地する部分に線を引きます。
 写真の様に脚を固定し、ノコギリで切断します。
サンドペーパーでがたつきが無いように削ります。
  組立順序 2-2

2-3

     
3.座面
 座面を接着し、脚側から下穴をあけ木ネジで固定します。その後埋木を打ち込み、はみ出た部分を切断します。
 画像タブの写真は座面から木ネジで固定しています。
   
     
木取図    
木取図