-ようこそ ゲスト さん-
 Let's enjoy DIY! 
木工を楽しむ人たちが集う広場

木工作品集

図面のダウンロード方法 
 ○ 竹の斜め切りガイド W 600×H 957×D 166
 
  • 画 像
  • 立体図回転
  • 組立順序
竹の斜め切りガイド 立体図
 
 竹の直径が89mmまで切断できます。のこぎりは「ゼットソー竹ひき270」を使用します。
 基本的に竹の上にする方を下にして置き、竹の角度と位置を調節後、竹をガイドから外します。両方の可動部を木ネジで固定します。竹をセットし約3/4切断後、このガイドより竹を外し残りを切断します。その後、所定の長さに切断します。
 竹のセットと切断は2人で行うほうがよいでしょう。
 
竹の斜め切りガイド
 
竹の斜め切りガイド 使用時
 

Either scripts and active content are not permitted to run or Adobe Flash Player version 11.1.0 or greater is not installed.

Get Adobe Flash Player

1.可動部(縦)
 (12)、(9) 2枚、(2)を右図の様に組み合わせ、(12)側から木ネジで固定します。これに(7)を組み合わせ(7)側から固定します。
 (9)の右図の部分をノコギリとノミで切り欠きます。(竹の固定をを安定させるため)

  組立順序 1-1
1-1
 
 [3-3]②で嵌め合いが固い場合は、右図の部分を削ります。
または、(7)と(9)および(9)と(12)の間に薄い板などを挟みます。
  組立順序 1-2
[1-1]を上から見た図

1-2
 
2.可動部(横)
 (8)の上に(4)、(5)を置き、木ネジで固定します。
 2×4を右図の(4)と(5)を組み合わせた形に切断してもよいです。
 図の部分をノミで切り欠きます。(竹の固定を安定させるため)
  組立順序 2-1
2-1
 
3.支柱と台
 (13)の一端に(15)を接着剤で貼ります。
これに(13)を重ねて接着剤で貼ります。同じものを2つ作ります。
 (15)の厚さは、使用するのこぎりの切り幅に合わせ調節します。

  組立順序 3-1
3-1
 

 (10)と(14)を図のように組み合わせ、(10)側から木ネジで固定します。

  組立順序 3-2
3-2
 
 [3-1]に(6) 2枚を固定します。
 ここでは、使わないときに解体できるよう、接着剤を使わないほうがよいでしょう。
  組立順序 3-3
3-3
 
 支柱と台を木ネジ1本ずつで固定します。
 支柱に[1-1]をはめ、(11)を固定します。
支柱と台の直角を確認し、木ネジで固定します。
 

組立順序 3-4
3-4

 
木取図    
木取図