-ようこそ ゲスト さん-
 Let's enjoy DIY! 
木工を楽しむ人たちが集う広場

木工作品集

図面のダウンロード方法 
 ○ 折りたたみ椅子 W 379×H 453×D 350
 
  • 画 像
  • 立体図回転
  • 組立順序
折りたたみ椅子 立体図
 
座面の高さが高い場合は、図面を変更してください。
この椅子より作りが簡単な「折りたたみ椅子2」もあります。
 
折りたたみ椅子
 
折りたたみ椅子
 

Either scripts and active content are not permitted to run or Adobe Flash Player version 11.1.0 or greater is not installed.

Get Adobe Flash Player

1.穴あけ(各4つ作ります)
 (2) 4本の端に鍋ボルト(M8)を通すために座ぐりと穴を開けます。また、片端を半円柱に削ります。
(3) 4本の端に鍋ボルト(M8)を通すために座ぐりと穴を開けます。また、片端を半円柱に削ります。
 穴あけは直角に開けたいので、ボール盤などを使用するのが望ましい。

  組立順序 1-1
1-1
 
 ボルトとナットで固定した時、部材の面より出ないようにするため座ぐりをします。座ぐりの深さは、ボルト側は6mmでナット側は7mmです。
 ナットは、Uナットを使うと緩まないです。この場合座ぐりの深さは、8mmです。
 

組立順序 1-2

1-2

 
2.組立1
 (2)と(3)を図のように組み合わせ、鍋ボルト(M8×60)とナットで固定します。
座ぐりとナットの隙間にドライバー(-)を差し込み、鍋ボルトをドライバー(+)でねじ込んでください。
  組立順序 2-1
2-1
 
 丸棒(1) の両端にボルトを通す穴(φ8×10)を開けます。
[2-1] で(1)を挟み込みます。
これに(4) 6枚を木ネジで固定します。

組立順序 2-1 補助
  組立順序 2-2
2-2
 

3.組立2
 (2)と(3)を図のように組み合わせ、鍋ボルト(M8×50)とナットで固定します。
[2-2]の幅aと[3-1]の幅aは同じですが、たたんだり使用したりすることを考え、軽く動くように[3-1]の幅aは少し広くしたほうがいいでしょう。
[4-1]で(2) 2本をボルトで固定する場合に(2)と(2)間に平座金(平ワッシャ)を入れたほうがよいかもしれません。

  組立順序 3-1
3-1
 
 これに(4) 4枚を載せ、(3)と木ネジで固定します。   組立順序 3-2
3-2
 
4.組立3
 [2-2]と[3-2]を図のように組み合わせ鍋ボルト(M8×70)とナットで固定します。
  組立順序 4-1
4-1
 
 [4-1]をたたんだ状態にして(4) 2枚を木ネジで固定します。
座る状態にして(2)の床に当たる部分を斜めに切断します。
 六角ナットを使った場合、使っているうちに緩んでくることがありますので、気がついたら締め直してください。
  組立順序 4-2
4-2
 
木取図    
木取図